ビジネスバッグの決定版

ace. ジーンレーベル EVL-3.5

ace.の旗艦シリーズ「EVL」がモデルチェンジ

ビジネスバッグに求められる要素をALL-INして最適な形に正常進化を遂げたEVL-3.5シリーズ

EVL-3.5 ALL-IN|持ちものやワークスタイルが多様化する時代に合わせてビジネスバッグに最も求められる要素を抽出し、最適な形に進化させた「新」旗艦シリーズ 日本のビジネスバッグ業界を牽引するリーディングブランド、ace.(エース)の旗艦シリーズ「EVLシリーズ」が、2019年2月に約2年ぶりのモデルチェンジをしました。
ビジネスバッグに求められる要素をALL-INして、最適な形に正常進化を遂げた、最新モデル「EVL-3.5」を紹介します。


EVL-3.5シリーズの特徴と前モデルからの変更点

前モデルの良い点はそのまま継承して改善・改良を加えた正常進化

EVL-3.5シリーズの特徴と前モデルからの変更点を解説します。
分かりやすく言うと、EVL-3.5シリーズは前モデル、EVL-3.0シリーズの良いところはそのまま残し、改善・改良が必要なところだけ手を加えています。
そのため大きな変化は感じませんが、使いやすいさ・機能性は格段に向上しています。まさに成熟した正統派、旗艦シリーズの正常進化といったモデルチェンジになっています。

前モデルの良い点はそのまま継承して改善・改良を加えた正常進化

EVL-3.5シリーズは、前モデル、EVL-3.0のコンセプトである「ビジネスバッグに必要な6つの要素」をそのまま引き継いでいます。
その6つの要素とは
①グリップ ②ハンズフリー ③モバイル ④プロテクト ⑤コンパートメント ⑥ライトウェイト
の6つです。その具体的な特長について説明します。
グリップ|グリップと掌の隙間を埋めることでより自然な握りを実現する、非対称に設計された独自構造のトップハンドル。 グリップ
掌の中でひとつに重なるように形状と長さを非対称に設計し、ハンドルが重なった時のグリップと掌の隙間をなくすことで、握力を効率的に発揮できる握りを実現しています。
当サイト管理人もこのアシンメトリーハンドルのかばんを実際に使っているのですが、めちゃくちゃ秀逸でおすすめです。
たくさん荷物を入れて手提げで持っても、ハンドルを握る手の力が入りやすいので、かばんがかなり軽く感じます。 ハンズフリー|独自構造のショルダーパッド、ショルダーハーネスによって肩にフィットして滑りにくい構造を実現 ハンズフリー
特許取得の独自構造。ショルダーパッド裏側に施された放射状のジグザグステッチが肩へのフィット性を高め、歩行時の肩の動きに対応して、ズレ落ちを防ぎます。
ショルダーパッドとベルトの接合部は力のつり合いを利用してフィット性を高め、ショルダーパッドの3Dカーブが効果的に肩への圧力を分散するので、疲れにくいです。 コンバーチブル|持ち方スタイルに合わせて、自在に「変換」可能。全ての使用シーンで高いパフォーマンスを発揮します。 コンバーチブル
ブリーフとリュックの長所を兼ね備える3WAYモデルは、「手持ち」・「背負い」・「肩掛け」などあらゆる状況で高いパフォーマンスを発揮します。 プロテクト|PC収納ポケットにクッション性の高い軽量芯材を採用し、緩衝効果を実現。/モバイル|液晶画面の保護や、収納時に外に落ちにくい設計を採用したモバイル端末ポケット。 プロテクト
PC収納ポケットにはクッション性の高い軽量芯材を採用して緩衝効果を実現しています。
モバイル
液晶画面の保護や収納時に外に落ちにくい設計を採用したモバイル端末ポケットを備えています。 ダブルアクセス|ファスナー引き手を左右2箇所に取り付け左・右どちらからでも開けやすくしています。 ダブルアクセス
EVL-3.0シリーズから踏襲した機能です。
ファスナーの引き手を左右2箇所に取り付け左・右どちらからでも開けやすくしています。

カタログに書かれていない変更点

EVL-3.5の前モデルからの変更点|グリップハンドルの根元にリング状の金具が追加されて、ハンドルの可動域がアップ EVL-3.5シリーズでの前モデルからの変更点として、カタログには記載されていませんが、見た目で分かりやすい変更点として、EVL-3.5ではグリップハンドルの根元にリング状の金具が追加されています。
これによりハンドルの可動域がアップして、ハンドルを握ったときのグリップのしやすさが向上しています。
カタログでアピールしていない、さり気ない変更点ですが、さすが旗艦シリーズ、着実に機能性・使いやすさが前モデルからアップしていることを感じさせてくれます。 EVL-3.5の前モデルからの変更点|グリップハンドルの根元にリング状の金具が追加されて、ハンドルの可動域がアップ 荷物棚への上げ下げなどで使用するサイドアシストハンドルの材質が人工皮革からナイロン製に変更されています。
おそらく軽量性アップ、コストダウンのための変更だと思われます。目立たない箇所の変更ですが、外観的にはスペックダウンですね。

「エース」のビジネスバッグを探す


スポンサードリンク

気になる新旧モデルを比較

宿泊出張にも使えるエキスパンダブル機能搭載のB4サイズ対応 2WAYブリーフケースを新旧比較

EVL-3.0シリーズ(59525)とEVL-3.5シリーズ(62004)を比較|エキスパンダブル機能を搭載したB4サイズ対応 2WAYブリーフケース 旧シリーズ「EVL-3.0」と新シリーズ「EVL-3.5」の気になるモデルを新旧比較しています。
比較したモデルは「EVL-3.0 59525」と「EVL-3.5 62004」です。
1泊、2泊ぐらいの宿泊出張なら十分に使えるB4対応サイズでエキスパンダブル機能を搭載した大容量2WAYブリーフケースです。
パッと見て違う点は、フロントポケットがL字ファスナーポケットだったのがI字ファスナーポケットに変更されています。
一見使いにくくなっていると思う方もいるかもしれませんが、EVL-3.0を実際に使っていた当サイト管理人からするとフロントポケットをL字に大きく開けることはほぼ無いため、I字ファスナーポケットでもまったく問題ないです。
スペックをみると、かばんの重さが1,690gから1,540gに150g、約10%軽量化されています。軽量性はビジネスバッグ選びのとても重要なポイントなので、優れた改良点とみて良いと思います。

B4サイズ対応 2WAYブリーフケースを新旧モデル比較
EVL-3.0シリーズ 59525 vs EVL-3.5シリーズ 62004
型式 EVL-3.0シリーズ 59525
ace. ジーンレーベル EVL-3.0シリーズ 59525
EVL-3.5シリーズ 62004
ace. ジーンレーベル EVL-3.5シリーズ 62004
素材 ナイロン コーデュラバリスティック® 1260dn
サイズ 幅45cm×高さ33cm×奥行15cm(→20cm)
重さ 1,690g 1,540g
PC対応サイズ 15インチ 15.6インチ
容量 18L(→22L) 17L(→22L)
価格(税込) 36,300円
商品保証 製品5年の保証

「エース」のビジネスバッグを探す


スポンサードリンク

関連ページ~こんな記事もよく読まれています

おすすめコンテンツ

ace. ジーンレーベル EVL-3.5を徹底分析

ace. ジーンレーベル EVL-3.5を徹底分析 ビジネスバッグに求められる要素をALL-INして、最適な形に正常進化を遂げた、ace. ジーンレーベルの旗艦シリーズ「EVL-3.5」を徹底分析・解説します。

TUMI ALPHA3コレクション ブリーフケースの選び方

TUMI ALPHA3コレクション ブリーフケースの選び方 トゥミの超定番かつ人気の「ALPHA3コレクション」のブリーフケースをピックアップ。トゥミのALPHA3 ブリーフケースを買おうとしている方の参考になれば幸いです。

抜群の軽量性!とにかく軽いビジネスバッグ特集

抜群の軽量性!とにかく軽いビジネスバッグ特集 快適な通勤や出張のためにかばんの軽量性は重要なファクター。軽いから通勤や出張の疲れが軽減されて機動力がアップ。軽量性重視、優れた軽量性能で人気の仕事鞄を紹介。

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド いい意味で無難なデザインが多くシーンを選ばず幅広いビジネス用途で使えます。高い機能性、品質を維持しながらもリーズナブルな価格設定でコストパフォーマンスは抜群

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド

トゥミ 不動の人気ブランド 無骨なのに洗練されたカッコ良さ、高い機能性。トゥミは世界中の多くのビジネスパーソンに支持されている、ビジネスバッグを語る上で欠かすことの出来ない定番中の定番ブランドです。

ブリーフィング

ブリーフィング 本格的なミリタリー仕様だからタフな状況でも気兼ねなくガンガン使える。しっかりビジネスで使えるのに肩肘張らないカジュアルな感じが魅力のタフなビジネスバッグブランド。

ページトップに戻る

スポンサードリンク

かばんの種類で選ぶ

かばんの用途・特長で選ぶ

ビジネス鞄レビュー

仕事鞄の特集・トピックス

ビジネスバッグのブランド

人気・定番ブランド

ブランドピックアップ

かばんの豆知識

当サイトについて

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ハピタス(Hapitas)|無料会員登録 ポイント還元率 業界最高水準
楽天市場で買い物するなら
ハピタス経由じゃないと損!

ページトップに戻る

ページの先頭に戻る