ビジネスバッグの決定版

【ビジネス鞄レビュー】リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555

当サイト管理人が所有するカバンを紹介します。紹介するカバンは、超定番のスーツケース、リモワのサルサ MULTIWHEEL。
2000年に世界初のポリカーボネート製スーツケースとして発売されて強靭な耐久性、抜群の耐衝撃性と驚異的な軽量性で人気を集め、瞬く間に超定番スーツケースとなったリモワのベストセラーシリーズです。
実際に使ってみないと分からない良いところから悪いところまで、紹介したいと思います。読んでくれた方のカバン選びの参考になれば幸いです。

リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555

強靭な耐久性、抜群の耐衝撃性と驚異的な軽量性で瞬く間に超定番スーツケースとなったサルサシリーズ

リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555(外観) リモワ(RIMOWA)のブランドロゴ リモワのベストセラーシリーズ、サルサ(SALSA)のスーツケース(黒、87L、H75cm)をレビューします。
2008年6月に購入して使用期間は約1年半になります。これまでアメリカ デトロイトやミネアポリスなど海外出張に10回くらい使用しました。
使用の目的は主に海外出張(主にアメリカ、ヨーロッパ)ですが、もちろん海外旅行にも使えるスーツケースとして購入しました。
以前はサムソナイトのスーツケースを使用していました。さすがサムソナイト、丈夫なのでまだまだ使えるのですが、10年ぐらい前のモデルで、しかもフレームタイプのため、かなり重いので、買い替えました。
購入時に比較検討したスーツケースは、同等サイズのサムソナイトのAero-PCシリーズとエースのProtecA スペッキオです。
リモワ サルサに決めた大きな理由は「抜群の軽さ」ですね。
もちろん「商品の評判、実績」「ブランドイメージ」「耐久性、丈夫さ」も購入理由です。

リモワ/サルサ MULTIWHEEL 6555
容量:87L
サイズ:幅49cm×高さ75cm×奥行27cm
重さ:4.4kg
材質:ポリカーボネイト
色:黒
その他:TSAロック対応、4輪大口径キャスター

「リモワ」のスーツケースを探す

  • Amazon.co.jp 通販サイトで探す
  • 楽天市場で探す
  • Yahoo!ショッピング で探す

ペイントで自分仕様のスーツケースに

手間はちょっとかかりますが、世界で1つしかないスーツケースに仕上がります

さすが人気の定番スーツケースだけあって、どの空港に行っても良く見かけます。そのため手荷物引渡し所(バゲッジクレーム)でピックアップする時も同じスーツケースがベルトコンベアに乗って出てくるので、自分のスーツケースを見付けやすいように目印をつけておいたほうが良いと思います。
一般的なスーツケースへの目印の付け方としては、
・お気に入りのステッカーを貼る
・スーツケースベルトを付ける、バンダナなどをくくり付ける

などがあります。
リモワ サルサはファスナー開閉タイプなのでスーツケースベルトは不要(あまり意味がない)。
バンダナを取り付けているのは日本人旅行客に多く、治安の悪い海外地域ではスリや窃盗のターゲットにされやすいので避けるべきという情報があるのでステッカーを貼ろうかなと思っていたのですが、なかなか気に入ったステッカーが見付かりませんでした。またステッカーを貼って使っていると、擦れて剥がれてきて汚くなるのが、チョットいまいちかなと思ったりして・・・。 リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555(ほかのスーツケースと見分ける印) ホルツ タッチアップペンとマスキングテープ そのような理由から当サイト管理人は、ホルツ タッチアップペンホルツ マスキングテープを使って、ホワイトの縦ラインを両面に1本ずつ入れました。
近くで見ると多少ムラになっている箇所があるものの、予想以上にキレイに塗れました。
空港で同様のスーツケースを見かけたこともなく、すぐに自分のスーツケースと見分けが付きます。おすすめの「自分のスーツケースを区別するマーキング方法」です。


スポンサードリンク

大口径の4輪キャスターで移動がラクラク

安定感があり移動が楽な大口径4輪キャスター、静音性も十分です

リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555(大口径の4輪キャスター) ◎おすすめポイント
大口径の4輪キャスターは、滑らかで多少の凸凹も難なく進めるので、移動のストレスが少なくて非常に良いと思います。
小さなキャスターだと道の凸凹や溝などに車輪がはまってしまって思うように進めなかったりしますが、大口径キャスターなのでそういう心配もありません。
さすが石畳の道が多いヨーロッパ、ドイツで生まれ、培われたスーツケースブランド、リモワですね。


意外と使いやすいジッパー式

初めてのシッパータイプで心配でしたが、開閉しやすく耐久性も高そう

リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555(ジッパーとTSAロック) ◎おすすめポイント
リモワ サルサ スーツケースの開閉方式は「ジッパータイプ」です。いままで「フレームタイプ」のスーツケースしか使ったことがなく、開閉のしやすさや強度はどうなのだろうと多少、不安に思っていましたが、全然問題ありません
中身をパンパンにいっぱい詰め込んでもファスナーの開閉は容易に出来ます。ジッパーの噛みこみなども心配していましたが、これも問題なさそうです。今のところ問題になったこともないし、なりそうな感じもないです。
◎おすすめポイント
TSAロックは、ちゃんとしたブランドなら最近のスーツケースはほとんど標準装備されているので、付いているかどうかを気にする必要はないかもしれませんが、米国へ渡航・旅行される方は必須機能です。


内部の中仕切りは少し安っぽい造り。。。

ディバイダーとクロスベルトの造りは安っぽいが、使い勝手は上々です

リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555(ディバイダーとクロスベルト) ×イマイチな点
リモワ サルサの内部の中仕切りは、ディバイダー(メッシュ状の枠)とクロスベルトで仕切るのですが、スーツケースの高級ブランドと呼ばれる割にはすこし安っぽい造りです。
軽量化のために、簡易的な造りになっていると思うのですが、もう少し素材の質感などに高級感が欲しいかなと思います。
しかしながら使い勝手はそこそこ良いです。ディバイダーがずれたり、ディバイダーの隙間から荷物がはみ出したりするかなと思っていましたが、細かい荷物を端のほうに入れないようになど、少し荷物の入れ方を工夫すれば、全く問題なく使えます。


セットアップして使いやすいキャリーハンドル

海外出張はブリーフケースとの組み合わせが使いやすくて、おすすめ

リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555(ブリーフケースをセットアップした状態) ◎おすすめポイント
海外出張、海外旅行に出掛ける時は、たいていブリーフケースをセットアップして空港まで持ち運び、ブリーフケースは機内持ち込みしています。こうしておくと荷物がひとまとまりになるので、飛行機に乗るまでや空港内での移動がとても楽です。
スーツケースによっては伸縮式のキャリーハンドルが短くて、ブリーフケースの高さ寸法より短いとセットアップ出来ない、またはセットアップしにくいものがあるので注意が必要です。
リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555はハンドルがほどよく長い(短く調節することも可能)ので、大きなブリーフケースもセットアップ可能です。 リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555(ブリーフケースをセットアップした状態)


定評どおりの耐久性、丈夫なポリカーボネート

傷付きも少なく圧倒的な耐久性。ただし変形は避けられないので割れ物には注意。

◎おすすめポイント
リモワ サルサを初めて見た人は「こんな弱弱しい、ふにゃふにゃのケースで大丈夫?」と感じる方が多いのではないでしょうか。軽量化を実現するためにかなり薄いポリカーボネートを使用しています。事実、当サイト管理人もそう思いました。
実際に使ってみた感想としては、普通のハードタイプよりも圧倒的に強いです。10回ほど米国を中心に渡航しましたが、同じぐらい使用したスーツケースに比べてキズ付きや痛み具合が格段に少ないです。
下の写真に主なキズがある箇所の写真を載せています。赤い丸で囲ったところが該当箇所です。
全部小さな擦り傷で大したキズではなく、あまり目立ちません。スーツケース表面が光沢(ミラー)仕上げされていないので、余計に目立たないですね。光沢仕上げのスーツケースは新品の時はとてもキレイですが、使用キズはとても目立つので、それが嫌な方は避けたほうが良いかもしれませんね。
△微妙なポイント
ポリカーボネートは非常に丈夫ですが、素材自体は薄いので押さえれば多少へこんだり、たわみます。
スーツケースにどうしても割れ物、壊れ物を入れる時はしっかりとエアパッキンなどで養生してタオルなどでくるんで、たわみにくい角部に収納するようにしたほうが良いと思います。
スーツケースを預ける時にも一言「割れ物が入っています」と言っておきましょう。大した確証はなく気休めですが、割れ物(FRAGILE)シールを貼って、丁寧に扱ってくれる航空会社もあります。

リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555(1年間、海外出張10回ぐらい使った状態) リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555(1年間、海外出張10回ぐらい使った状態) リモワ サルサ MULTIWHEEL 6555(1年間、海外出張10回ぐらい使った状態)

最新モデルは、サルサ改め「エッセンシャル」

世界初のポリカーボネイト製ラゲージ「サルサ」のDNAを引き継ぐ「エッセンシャル」シリーズ

リモワ/エッセンシャルシリーズ リモワは、2018年に120周年を迎えて、ラインナップシリーズを一新しました。
「サルサ」と「サルサデラックス」が、エッセンシャルシリーズに統合されました。
2000年に世界初のポリカーボネイト製ラゲージとして誕生した「サルサ」のDNAを引き継ぎ、「エッセンシャル」シリーズは今なお進化を続けています。

「リモワ」のスーツケースを探す

  • Amazon.co.jp 通販サイトで探す
  • 楽天市場で探す
  • Yahoo!ショッピング で探す

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

ace. ジーンレーベル EVL-3.5を徹底分析

ace. ジーンレーベル EVL-3.5を徹底分析 ビジネスバッグに求められる要素をALL-INして、最適な形に正常進化を遂げた、ace. ジーンレーベルの旗艦シリーズ「EVL-3.5」を徹底分析・解説します。

TUMI ALPHA3コレクション ブリーフケースの選び方

TUMI ALPHA3コレクション ブリーフケースの選び方 トゥミの超定番かつ人気の「ALPHA3コレクション」のブリーフケースをピックアップ。トゥミのALPHA3 ブリーフケースを買おうとしている方の参考になれば幸いです。

抜群の軽量性!とにかく軽いビジネスバッグ特集

抜群の軽量性!とにかく軽いビジネスバッグ特集 快適な通勤や出張のためにかばんの軽量性は重要なファクター。軽いから通勤や出張の疲れが軽減されて機動力がアップ。軽量性重視、優れた軽量性能で人気の仕事鞄を紹介。

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド いい意味で無難なデザインが多くシーンを選ばず幅広いビジネス用途で使えます。高い機能性、品質を維持しながらもリーズナブルな価格設定でコストパフォーマンスは抜群

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド

トゥミ 不動の人気ブランド 無骨なのに洗練されたカッコ良さ、高い機能性。トゥミは世界中の多くのビジネスパーソンに支持されている、ビジネスバッグを語る上で欠かすことの出来ない定番中の定番ブランドです。

ブリーフィング

ブリーフィング 本格的なミリタリー仕様だからタフな状況でも気兼ねなくガンガン使える。しっかりビジネスで使えるのに肩肘張らないカジュアルな感じが魅力のタフなビジネスバッグブランド。

ページトップに戻る

スポンサードリンク

かばんの種類で選ぶ

かばんの用途・特長で選ぶ

ビジネス鞄レビュー

仕事鞄の特集・トピックス

ビジネスバッグのブランド

人気・定番ブランド

ブランドピックアップ

かばんの豆知識

当サイトについて

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ハピタス(Hapitas)|無料会員登録 ポイント還元率 業界最高水準
楽天市場で買い物するなら
ハピタス経由じゃないと損!

ページトップに戻る

ページの先頭に戻る