ビジネスバッグの決定版

【ビジネス鞄レビュー】エース プロテカ/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)

当サイト管理人が所有するカバンを紹介します。
今回は、かばんのエースのスーツケースブランド、プロテカ(ProtecA)のマックスパス ツー(MAXPASSⅡ)を紹介します。 プロテカ(ProtecA) マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)|機内持込み適応サイズ 容量最大級 マックスパス ツーの最大の売り、セールスポイントは、機内持ち込み適応サイズで容量最大級!であるという点。
機内持ち込みできるスーツケースを探している方は必見です。
実際に使ってみないと分からない良いところから悪いところまで、紹介したいと思います。読んでくれた方のカバン選びの参考になれば幸いです。

セールスポイントは機内持ち込み適応サイズかつ収納容量最大級!

機内持ち込みできる航空機の席数が違う23Lタイプと40Lタイプの両方を購入しました

エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ) 23Lタイプと40Lタイプの比較 プロテカ(ProtecA)のブランドロゴ 今回レビューするマックスパス ツーの最大のウリは、機内持ち込みに適応したサイズでありながら収納容量が最大級である点です。
機内サイズに収めつつ収納能力を最大限に高めるために形状はボクシーなフォルムになっています。シンプルかつ機能的なデザインなのでビジネスユースにぴったりです。
マックスパス ツーには、収納容量23Lと40Lの容量違いの2つの商品ラインナップがあります。
収納容量23Lのタイプは、100席未満の国内線の機内へも持ち込めるサイズとなっていて、1泊から2泊ぐらいの宿泊出張・旅行に対応できる大きさです。
収納容量40Lのタイプは、100席以上の国内線、国際線の機内へも持ち込めるサイズで2泊から3泊ぐらいの宿泊出張・旅行に対応できる大きさです。

荷物が多い当サイト管理人は40Lタイプのほうが使い勝手がイイです

ちなみに当サイト管理人は23Lと40Lの両方を所有しています。
もともと荷物が多いほうなので、日帰り出張用をメイン用途として23Lタイプのほうを購入しました。
23Lタイプで1泊の短期出張用にも使えれば・・・とも考えていました。実際に1泊出張にも使ってみましたが、荷物がかさばる秋冬シーズンでノートPCも持ち運ぶとなってくると23Lキャリーケース1つで1泊はちょっと足りないという感じでした。
当サイト管理人は荷物が多いので、1泊出張でも23Lタイプだとブリーフケースやショルダーバッグの併用が必要ですが、荷物のそれほど多くない方、おそらく普通の方なら23Lタイプでも1泊ぐらいの出張なら十分使えるサイズだと思います。
ということで1泊、2泊用として40Lタイプも購入しました。
40Lタイプを1泊の出張で使ってみましたが、さすがに収納容量たっぷりのサイズですね。荷物の多い方でも2泊ぐらいの出張なら余裕で対応できそうです。

エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)
コードNo:12353
サイズ:高さ42cm×幅34cm×奥行19cm
(外寸:高さ45cm×幅35cm×奥行10cm)
重さ:2.3kg
容量:23L
色:黒、グレー、オレンジ、ブルーグリーン
コードNo:12354
サイズ:高さ47cm×幅39cm×奥行24cm
(外寸:高さ50cm×幅40cm×奥行25cm)
重さ:2.6kg
容量:40L
色:黒、グレー、オレンジ、ブルーグリーン

「プロテカ(Proteca)」のスーツケースを探す


財布・手帳など小物の整理整頓に便利な収納ポケットが充実

ペットボトルや折りたたみ傘が収納できる背面ポケットはとにかく便利です

トローリーバッグやスーツケースはどーんと大きな収納スペースがある反面、細かいものを収納するポケットが少ないものが多いのですが、マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)は小物を整理整頓できる機能的なポケットが充実しています。
前面部にはチケットや定期入れなどを入れておける開け閉めしやすいマグネットボタン式ポケットと、財布や手帳などを入れておける奥行きもある大きめのファスナーポケットがあります。 エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)(マグネットボタン式ポケット) エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)(フロントファスナーポケット) メイン収納部の内側には小物を入れられるファスナーポケットがあります。出張先や移動中にすぐに取り出したいものや大きなメイン収納部だと見付けにくいものを収納しておくのにピッタリです。 エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)(メイン収納部のファスナーポケット) ポケットのなかでも特に使い勝手がイイのが「ペットボトルや折りたたみ傘が収納できる背面ポケット」です。
雨の日の出張移動中は折り畳み傘を出したり入れたりということがよくあります。濡れている傘をカバンにしまうのは気が引けますが、このポケットなら荷物と分離されているので気兼ねなく収納できます。
こういった細かいけど便利な機能は、いかにも日本のかばんメーカーならでは、気配りの賜物です。 エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)(ペットボトル・折りたたみ傘用背面ポケット) メイン収納部は仕切りのないシンプルな構造です。
荷物を固定するベルトが2本付いています。使う前は、このベルトの必要性をあまり感じませんでしたが、実際に使ってみると、荷物の中身が移動中にぐちゃぐちゃにならなかったり、かばんを立てた状態でちょっと荷物を出したい時などに中身が飛び出るのを防いでくれたりと、なかなか重宝します。 エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)(メイン収納部)


スポンサードリンク

大は小を兼ねる。宿泊出張で使うなら、40Lサイズがおすすめ!

持ち込み可能な航空機の席数が違う23Lサイズと40Lサイズを比べてみました

エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)(23Lタイプと40Lタイプのサイズ比較) マックスパス ツーを購入するときに23Lサイズと40Lサイズで迷う方も多いと思います。
日帰り出張用途がメインでコンパクト性を重視するなら23Lサイズがおすすめです。23Lとはいえ、かなりの収納能力なので使い勝手はかなりイイと思います。
宿泊出張、宿泊旅行をメインで使って、100席未満の国内線持込みの必要性がマストでなければ、40Lサイズを断然おすすめします。
たとえ1泊でも大き過ぎるということはなく、収納能力に余裕があるので出張先や旅行先で荷物が増えても安心です。海外出張にも対応できる活用の幅の広さも魅力的です。
23Lサイズと40Lサイズを比較すると、価格(税抜き)は33,000円と38,000円で、5,000円の違いがあります。5,000円の差は大きいといえば大きいのですが、23Lサイズと40Lサイズは価格差以上の違いがあり、別物という感じです。

日帰り出張にも使いたいなら23Lタイプ、海外出張まで使いたいなら40Lタイプがおすすめ

23Lサイズはとてもコンパクトなトローリーバッグで、取り回しが抜群に良い反面、宿泊出張には収納能力で役不足な場合がありそうです。ただトローリーバッグとは思えないほどの取り回しやすさとコンパクトサイズなので、荷物の少ない宿泊出張や荷物の多い日帰り出張で大活躍すると思います。
40Lサイズは大容量の収納能力と取り回しやすさを両立させた絶妙なサイズを両立したトローリーバッグでおすすめです。ブリーフケースやトートバッグと組み合わせれば、海外出張に対応できるのも魅力です。
たっぷりの収納能力なんですが飛行機や新幹線に持ち込んだ時の取り回しやすさは◎です。大口径の四輪キャスターと安定感のあるプルドライブハンドル(5段階調節可能)が取り回しやすさを支えています。
エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)(23Lタイプと40Lタイプのサイズ比較) 40Lサイズにだけ備わっている側面のハンドル(取っ手)は、実際に使ってみると飛行機や新幹線の荷物棚からバッグを上げ下ろしするときにとても便利です。なぜ23Lサイズにも付けておいてくれなかったんでしょうか・・・残念。 エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)(側面のハンドル:40Lタイプ) 四輪キャスターとプルドライブハンドルは23Lサイズと40Lサイズで同じ仕様のものなので、23Lサイズはより安定感のある取り回しが可能です。 エース プロテカ(ProtecA)/マックスパス ツー(MAXPASSⅡ)(プルドライブハンドル)

「プロテカ(Proteca)」のスーツケースを探す


スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

ace. ジーンレーベル EVL-3.5を徹底分析

ace. ジーンレーベル EVL-3.5を徹底分析 ビジネスバッグに求められる要素をALL-INして、最適な形に正常進化を遂げた、ace. ジーンレーベルの旗艦シリーズ「EVL-3.5」を徹底分析・解説します。

TUMI ALPHA3コレクション ブリーフケースの選び方

TUMI ALPHA3コレクション ブリーフケースの選び方 トゥミの超定番かつ人気の「ALPHA3コレクション」のブリーフケースをピックアップ。トゥミのALPHA3 ブリーフケースを買おうとしている方の参考になれば幸いです。

抜群の軽量性!とにかく軽いビジネスバッグ特集

抜群の軽量性!とにかく軽いビジネスバッグ特集 快適な通勤や出張のためにかばんの軽量性は重要なファクター。軽いから通勤や出張の疲れが軽減されて機動力がアップ。軽量性重視、優れた軽量性能で人気の仕事鞄を紹介。

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド いい意味で無難なデザインが多くシーンを選ばず幅広いビジネス用途で使えます。高い機能性、品質を維持しながらもリーズナブルな価格設定でコストパフォーマンスは抜群

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド

トゥミ 不動の人気ブランド 無骨なのに洗練されたカッコ良さ、高い機能性。トゥミは世界中の多くのビジネスパーソンに支持されている、ビジネスバッグを語る上で欠かすことの出来ない定番中の定番ブランドです。

ブリーフィング

ブリーフィング 本格的なミリタリー仕様だからタフな状況でも気兼ねなくガンガン使える。しっかりビジネスで使えるのに肩肘張らないカジュアルな感じが魅力のタフなビジネスバッグブランド。

ページトップに戻る

スポンサードリンク

かばんの種類で選ぶ

かばんの用途・特長で選ぶ

ビジネス鞄レビュー

仕事鞄の特集・トピックス

ビジネスバッグのブランド

人気・定番ブランド

ブランドピックアップ

かばんの豆知識

当サイトについて

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ハピタス(Hapitas)|無料会員登録 ポイント還元率 業界最高水準
楽天市場で買い物するなら
ハピタス経由じゃないと損!

ページトップに戻る

ページの先頭に戻る