ビジネスバッグの決定版

かばんの素材 レザー・皮革

ビジネスバッグ素材の主役をナイロンに明け渡してしまった「皮革」ですが、革鞄の持つ威光が決して失われたわけではありません。
革かばんのもつ穏やかで慇懃な存在感に魅せられる革鞄フリークも多いです。革かばんは使い込むほどに深い味わいを醸し出し、使い手に馴染むのも魅力です。また高価ですが、革かばんの持つプレミア感に他のかばんは敵わないでしょう。
ビジネスバッグの高級素材であるレザーについて解説します。

革素材のメリット・デメリット

一言に革素材といっても牛、馬、豚、羊(山羊)、駝鳥(ダチョウ)、鰐(ワニ)などの色々な動物の革がありますが、こちらでは一般的な革素材のメリット、デメリットを紹介します。
革素材のメリット(長所)は、
 ・高級感
 ・手にしっとりと馴染む肌触り、使い心地の良さ
 ・手入れにより10年、20年と長く使える耐久性
 ・使い込むことによってより深まる素材の味わい
 ・エイジング(経年変化)の楽しみ
などが挙げられます。
革素材のデメリット(短所)は、
 ・価格が高め
 ・雨水に弱い
 ・長く使うためには手入れが必要。
 ・汚れが落ちにくい
 ・ナイロン素材などに比べると重い
などがあります。
ただ最近は革素材の改良が進み、耐水性に優れた革素材や軽量性を向上された革素材が開発されて、重くて雨に弱い革かばんのイメージが変わってきています。


スポンサードリンク

革素材の種類について

革素材には、さまざまな動物の革が用いられています。同じ動物の革でも部位などによって特徴があります。代表的な革素材の種類や特徴を紹介します。

革素材の種類とその特徴について
動物の種類 革の種類 革素材の特徴

牛
カーフ キメと繊維構造が細かい最高級の牛革素材
生後6ヶ月以内の仔牛の革で、乳牛種のオスの革が多い。
厚みが薄く柔らかい表面は滑らかで、銀面(表面)の発色がいい。生後、間もないため傷が少なく、キメと繊維構造が細かい、最高級の牛革素材です。
なかでも生後3ヶ月以内の仔牛の革はベビーカーフと呼ばれ、さらに高級素材として扱われています。
キップ カーフに次ぐ高級な牛革素材
生後6ヶ月~2年以内の中牛の革。
カーフより厚みがあり、柔らかさや滑らかさの点では多少カーフに劣るが、その分、強度や耐久性は高い。カーフ同様に仔牛のため、傷も少なめでカーフに次ぐ高級な牛革素材とされている。
カウ、カルビン ステアとならび代表的な牛革素材
生後2年以上の牝の成牛の革。
出産を経験した経産牛の革をカウと呼び、出産を経験していない未産牛の革をカルビンと呼ぶ。厚み、キメ、丈夫さ、グレードはキップとステアの中間ぐらいとされている。カルビンの方がカウより高級とされる。
ステア 最も流通量の多い、ポピュラーな牛革素材
生後3~6ヶ月の間に去勢され、生後2年以上経過した牡の成牛の革。
皮革素材の中で最も市場流通量が多く、単に「牛皮革」と表示されている場合は「ステア」である可能性が高い
厚手で強度が高く、キメもそこそこ良くて傷も少なめ、物量も多く価格的にもお手頃という、とてもバランスの良い牛革素材です。
ブル 分厚くて丈夫、無骨な牛革素材
生後3年以上経過した去勢されていない成牛の革。
去勢されていない雄牛は気性が荒く、喧嘩が絶えないため、傷が多い。牛皮革の中で最もキメが粗いが厚くて強度はとても高い

馬
ホース 薄くて柔軟性に富む革素材
薄く柔軟性のある革素材ですが、牛革と比べると銀面(表面)の繊維構造やキメが粗く、強度は低い
馬は牛と違い、運動量が多くてやんちゃなので傷も多い。牛革とは違った艶や光沢は魅力。また馬革は牛革に比べて流通量が少ないのも特徴です。
コードバン 革の王様、革の宝石とも呼ばれる希少素材
コードバンは採取量の少ない重量馬の臀部(でんぶ)=お尻の部分の希少な革素材。
空気も水も通さないほど繊維構造が緻密で強度が高い、高級な革素材です。牛革の3倍の強度を持つとも言われています。また使い込むほどに光沢を増し、柔らかく馴染んでくる美しい革素材です。

豚
ピッグ 日本で唯一自給できるコスパの高い革素材
革表面に3つに並んだ毛穴が特徴的で、その穴が全層を貫通しているため、通気性に優れています。
軽くて耐摩耗性にも優れていますが、傷が多めで部位による革質のバラツキがあります。
スエードに仕上げた「ピッグスキンスエード」は特に人気が高い

羊
シープ、ラム しっとりとした触感が魅力の革素材
羊革のことをシープ、生後1年以内の仔羊の革をラムといいます。
キメが細かく薄くて柔らかい。しっとりとした触感が魅力。繊維構造が粗いために強度はやや弱い。毛付きのものは「ムートン」と呼ばれます。
山羊(ヤギ)
山羊(ヤギ)
ゴート、キッド 独特のシボが魅力の革素材
おとなの山羊革をゴートスキン、仔山羊の革をキッドスキンと呼んでいます。
独特の細かなシボが見られる銀面(革の表面)が特徴的です。羊よりも緻密な繊維組織を持ち、羊の皮革より硬くて耐摩耗性が高く、丈夫で弾力性があります。
キッドスキンはゴートスキンに比べて薄くて軽く、高価です。
駝鳥(ダチョウ)
駝鳥(ダチョウ)
オーストリッチ 高級素材として珍重されている皮革素材
羽根を抜いた痕(あと)が丸く突起し、その独特の美しい模様が特徴です。ワニ革と並び高級革素材として人気
柔軟性があり、軽く、耐久性が高い。使い込むほどに手に馴染み味わいが出るのも魅力です。

革素材の用語

「エイジング」とは?

エイジング(aging)とは「経時変化」という意味です。革の経年変化(エイジング)は革製品の大きな楽しみの1つです。
使い込むほどに艶や味わいがでて、使い手に馴染んできます。最初は少し硬いと感じていた革が使うたびに、しなやかな触り心地になってきます。
一般的に長く使ったビジネスバッグは、使う古したネガティブなイメージですが、革かばんはまったく逆で使えば使うほど馴染み、味わいが出ます。エイジングの楽しみは革製品特有の醍醐味です。
エイジングするとどんな感じになるのか知りたいという場合は、ヤフオク!メルカリなどで販売している中古品が参考になります。
ただし革製品のエイジングは使われた環境や条件などによって、その表情は大きく異なるので、あくまでも参考として見るのがいいでしょう。複数の中古品を見比べてみるのもいいと思います。

「シボ」とは?

革素材でよく目や耳にする「シボ」とは、漢字だと「皺(しわ)」と書き、革表面の不規則なシワ模様のことを意味します。
革の部位や種類によってシボは細かかったり粗かったり、大きかったり小さかったりといろいろな表情があります。
同じ部位、種類の革でも異なった表情を見せるシボを革の個性ととらえて革素材の魅力に感じている方も多いです。


いろいろな革素材の紹介

グラブタン・レザー

グラブタン・レザーは、野球のグローブにインスパイアされて開発された高級革素材です。そのため「グローブ・タン・レザー」と呼ばれたりもします。 グラブタン・レザーは、弾力性や伸縮性に優れ、軽い革に仕上がる「クローム鞣し(なめし)」を行なった後で、堅牢性や耐摩耗性に優れる「タンニン鞣し(なめし)」を行う「混合鞣し(コンビ鞣し)」によって、両方の長所を引き出すのが特徴です。
もともと表情に味のある革素材ですが、エイジングもとても楽しみな革素材です。使えば使うほど艶感と光沢を増し何ともいえない深い味わいを醸し出します。
また耐久性に定評があり鞄の修理屋さんが修理をしたことがないというほどの驚異的な丈夫さです。丈夫なぶん、少し厚手で重いというマイナス面があります。

トゥミ/ALPHAコレクション

トゥミのALPHAコレクションのレザーシリーズでグラブタン・レザーが採用されていました。 トゥミ/ALPHAコレクション レザーシリーズ

バケッタ・ミリングレザー

イタリア・トスカーナ州のタンナーが鞣した最高級の革素材、バケッタ・ミリングレザー。
その特徴は何と言っても、エイジング(経年変化)の素晴らしさ。愛用の時間を重ねるたびに色味と風合を深め、光沢が滲み出ます。 ウルバーノシリーズのかばん素材に採用されている最高級の革素材、バケッタ・ミリングレザー 革質は強靭ですが、オイルをたっぷり含んでいるため手触りはしっとりソフト。また線維が引き締って密なため、擦り合わせると“キュッ”と心地よい「鳴き声」を上げるのも革好きには堪らない特徴です。

土屋鞄製造所/ウルバーノシリーズ

最高級の革素材、バケッタ・ミリングレザーをふんだんに用いたウルバーノシリーズ。少し値は張りますが、イタリア最高級の革が持つ芳醇な気品と色気をぜひ堪能していただきたい。 土屋鞄製造所 ウルバーノシリーズ/ウルバーノ アーバンブリーフ(ブラック)


スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

ace. ジーンレーベル EVL-3.5を徹底分析

ace. ジーンレーベル EVL-3.5を徹底分析 ビジネスバッグに求められる要素をALL-INして、最適な形に正常進化を遂げた、ace. ジーンレーベルの旗艦シリーズ「EVL-3.5」を徹底分析・解説します。

TUMI ALPHA3コレクション ブリーフケースの選び方

TUMI ALPHA3コレクション ブリーフケースの選び方 トゥミの超定番かつ人気の「ALPHA3コレクション」のブリーフケースをピックアップ。トゥミのALPHA3 ブリーフケースを買おうとしている方の参考になれば幸いです。

抜群の軽量性!とにかく軽いビジネスバッグ特集

抜群の軽量性!とにかく軽いビジネスバッグ特集 快適な通勤や出張のためにかばんの軽量性は重要なファクター。軽いから通勤や出張の疲れが軽減されて機動力がアップ。軽量性重視、優れた軽量性能で人気の仕事鞄を紹介。

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド いい意味で無難なデザインが多くシーンを選ばず幅広いビジネス用途で使えます。高い機能性、品質を維持しながらもリーズナブルな価格設定でコストパフォーマンスは抜群

エース 日本を代表する人気ビジネスバッグブランド

トゥミ 不動の人気ブランド 無骨なのに洗練されたカッコ良さ、高い機能性。トゥミは世界中の多くのビジネスパーソンに支持されている、ビジネスバッグを語る上で欠かすことの出来ない定番中の定番ブランドです。

ブリーフィング

ブリーフィング 本格的なミリタリー仕様だからタフな状況でも気兼ねなくガンガン使える。しっかりビジネスで使えるのに肩肘張らないカジュアルな感じが魅力のタフなビジネスバッグブランド。

ページトップに戻る

スポンサードリンク

かばんの種類で選ぶ

かばんの用途・特長で選ぶ

ビジネス鞄レビュー

仕事鞄の特集・トピックス

ビジネスバッグのブランド

人気・定番ブランド

ブランドピックアップ

かばんの豆知識

当サイトについて

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ハピタス(Hapitas)|無料会員登録 ポイント還元率 業界最高水準
楽天市場で買い物するなら
ハピタス経由じゃないと損!

ページトップに戻る

ページの先頭に戻る