失敗しないスーツケースの選び方

海外出張、海外旅行のマストアイテム=スーツケース。どんな大きさが必要?どんなタイプがおススメ?失敗しないスーツケース選び。

スポンサードリンク

ビジネスバッグの決定版

かばんの種類で選ぶ

目的・用途で選ぶ

かばんの特長で選ぶ

ビジネス鞄レビュー

ビジネスバッグのトピックス

ビジネスバッグのランキング

ビジネスバッグのブランド

かばんの豆知識

リンク集

当サイトについて

−おすすめ楽天コンテンツ−

ビジネスバッグの決定版

ビジネスバッグの決定版 > タイプ別で選ぶ > 失敗しないスーツケースの選び方

失敗しないスーツケースの選び方

スーツケースを選ぶポイント

スーツケースの大きさ

ビジネス用途でスーツケース(キャリーバッグ)を使用するのは、「宿泊出張」で使用する場合が最も多いでしょう。荷物が多くなる宿泊出張では収納能力と機動力を兼ね揃えたスーツケースが活躍します。
そのスーツケース選びで最も大きなポイントとなるのは「出張期間」になります。出張期間によって、選ぶスーツケースの大きさがおおよそ決まってくるからです。スーツケースの大きさは、一般的に5つのサイズに分かれます。

スーツケースのサイズと出張期間の目安
宿泊日数 サイズ 容量 高さ
1〜2泊の短期出張 SSサイズ〜Sサイズ 20L〜45L 55cm〜60cm
3〜4泊の出張 Sサイズ 45L〜60L 60cm〜65cm
5〜7泊の出張 Mサイズ〜Lサイズ 60L〜80L 65cm〜70cm
7〜10泊の長期出張 Lサイズ〜LLサイズ 80L〜100L 70cm〜75cm
10泊以上の長期出張 LLサイズ 100L〜 75cm〜

出張期間が2〜3日の短期ならSSサイズからSサイズ、5日から1週間程度の出張はMサイズからLサイズ、1週間から10日程度の出張ならLサイズからLLサイズ、それ以上はLLサイズが適当でしょう。
同じ出張期間でも下着や着替えを余分に持って行ったりと荷物が多めの方は大きめサイズを選ぶといいでしょう。
もう一つ注意したいのは、帰宅時に荷物が増える可能性があるかどうかです。お土産や出張先から持ち帰るものがある場合にはその分大き目のものを選ぶように注意しましょう。出発時にピッチリ荷物が入っている状態では、必ず足らなくなります。
経験上ですが、Lサイズぐらいまでは大き目のものを選んでおくのが良い選択と思います。つまり、SサイズかMサイズで迷っているなら、Mサイズを選んだ方が結果的に良い選択だと思います。しかし、LLサイズになるとかなり大きく、短期間の出張(2、3泊程度の出張)では嵩張ります。空港内やホテル、出張先までの移動もスムーズにこなしたいので、長期出張用または長期旅行用にLLサイズを持っていても予算が許すなら、短期出張・短期旅行にはMサイズまたは小さめのLサイズを購入されることをおススメします。
また、LLサイズのスーツケースは、「無料受託手荷物」の制限合計サイズを超える場合があり、超過手荷物料金が発生する場合があります。また、行き先によっては大きさ(寸法)だけではなく、重量による規定もありますので、合せて確認しておくと良いでしょう。

スーツケースの種類 ハードタイプ・ソフトタイプ

 スーツケースの種類は、ハードケースの方が良い?ソフトケースの方が良い?
 ハードケースは中身が壊れる心配が少なく、鍵をかけるのが簡単、整理しやすいなどが利点。
 ここ最近、人気の高いソフトタイプのキャリーバッグは、持って歩かなければならない場面で背負ったり、肩に掛けたりできるタイプのものがあり、持ち運びが便利で搬送性に優れているのが利点です。小型のソフトタイプキャリーバッグならば、機内に持ち込むことが出来るものもあり、ロストバッゲージ(荷物の紛失)の心配がなくなります。乗り継ぎが多い旅行には安心です。
 海外ではソフトケースが非常に多いですが、日本では海外旅行・海外出張には、まだまだハードケースが主流です。やはりハードケースの利点である堅牢性が安心だというのが大きな理由だと思います。基本的にはハードケースの選択をおススメします。但し、空港からホテルまでの移動だけでなく、出張先、旅行先での移動が多いことが分かっている場合には、ソフトケースも選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

スーツケースの種類 キャスターの数

キャスターの数は、2つのもの(2輪タイプ)と4つのもの(4輪タイプ)があります。
4輪タイプは、空港やホテル、駅などフラットな通路では4輪走行、石畳などの凸凹道では傾けて2輪走行と状況に合わせて使うことができます。機動力の高さでは4輪タイプに軍配が上がるでしょう。またかばんのサイズが大きくなるほど4輪のほうが安定感があります。舗装された道路を歩くことが多い都市部への出張なら4輪タイプがおすすめです。
2輪タイプは、キャスターの向きが固定されていてキャスターの向きがあっち向いたりこっち向いたりしないので、4輪タイプに比べて走行安定性が高く、引っ張りやすいというメリットがあります。デコボコ道や石畳など平坦な道が少ない場所を歩くことが多い出張なら、2輪タイプが比較的おすすめです。

スーツケースのベルトは目立つものを選ぼう

 スーツケースはメーカーが違っていても、外観が非常に似ているものがあります。空港のターンテーブルから荷物をピックアップするときに、間違えられたり、間違えてしまう可能性が大きいので、タグを付けるのはもちろん、自分の荷物だとわかるよう目立つスーツケースベルトを選びましょう。
 直接スーツケースにイニシャルやマークを書き込んでいる人もいるようです。余談ですが、スーツケースにバンダナを巻くのが流行った時期がありますが、その流行は日本特有のもので海外ではバンダナを巻いていると一目で日本人と分かってしまい治安の良くない地域ではスリなどの標的になってしまう可能性もあるので、あまりおススメしません。

TSAロック機能付を選びましょう

 アメリカ国内(ハワイ・グアム・サイパン含む)の空港を利用する(乗り継ぎも含む)場合は、鍵をかけたまま荷物を預け入れできるTSAロック機能が装備されたスーツケースを選びましょう。しかし最近では、特にハードケースタイプのものはほとんどがTSAロック機能が装備されているのでそれほど気にする必要はないかもしれません。

スポンサードリンク

スーツケース紹介

Samsonite(サムソナイト) Cosmolite

サムソナイト史上、最強・最軽量との称されるCosmolite(コスモライト)
テレビCMでも御馴染みで発売以来、爆発的な人気を誇っています。その人気の秘密は驚異的な軽量性と衝撃耐性。その相反する特性を実現しているのがサムソナイト独自の特許素材Curv(カーヴ)。そのスペックは、スーツケース人気ブランドRIMOWA(リモワ)をも凌駕します。
サムソナイトのCosmolite(コスモライト)は、「サムソナイトの人気スーツケース、コスモライト」「人気・定番のスーツケース比較−2012年最新版」でも詳しく紹介しています。

ビジネスバッグ スーツケースビジネスバッグ スーツケース

 左上のイメージは、Sサイズのスーツケースです。右上は、Lサイズ、LLサイズのスーツケースです。身長の低い方や女性の方が大きなスーツケースを選ぶときは、荷物に対するスーツケースの容量だけではなく、自分に対してのおおよそのスーツケースの大きさのイメージを持っておいたほうが良いと思います。

サムソナイト取扱オンラインショップ

 

お得!情報〜海外出張のために持っておきたいクレジットカード

●海外旅行傷害保険
海外は病院での治療費が高額になるので、海外出張や海外旅行に行くときには旅行保険に入っておくことをお勧めします。
空港や旅行会社で加入する旅行保険もありますが意外と高くうえに補償内容も手薄。(旅行先や旅行期間にもよりますが数千円から一万円以上にも)
そこでおすすめなのが海外旅行保険が付帯したクレジットカードです。
年会費無料でも付帯しているクレジットカードがたくさんあるので、とてもお得です。
詳しくは「クレジットカードの海外・国内旅行傷害保険」クレカ付帯の海外旅行保険についての注意事項なども紹介。

●空港ラウンジ無料利用
日本国内の空港ラウンジはゴールドカードクラスのクレジットカードで利用できるところが多いのにたいして、海外の空港ラウンジのほとんどはクレジットカード提示で利用できません。
海外の空港ラウンジを利用するにはプライオリティパスがおすすめです。快適な海外出張、海外旅行に必須のプライオリティパスを取得できるクレジットカードを紹介します。詳しくは「プライオリティパス取得可能なクレジットカード

−スポンサードリンク−
−大人の身だしなみ おすすめメンズ香水−

大人の身だしなみ おすすめメンズ香水

大人の身だしなみとして押さえておきたい、おしゃれアイテム「香水」
ビジネスバッグとスーツをより一層オシャレに魅せるおすすめのメンズ香水を紹介。

出張・旅行にぴったりのスーツケース・キャリーバッグ

スポンサードリンク

ビジネスバッグの決定版

Copyright © 2008-2017 ビジネスバッグの決定版 All Rights Reserved.
ページの先頭に戻る