サムソナイトのスーツケース、コスモライト

ビジネスバッグの選び方や人気売れ筋、定番のビジネスバッグを紹介するサイトです。

スポンサードリンク

ビジネスバッグの決定版

かばんの種類で選ぶ

目的・用途で選ぶ

かばんの特長で選ぶ

ビジネス鞄レビュー

ビジネスバッグのトピックス

ビジネスバッグのランキング

ビジネスバッグのブランド

かばんの豆知識

リンク集

当サイトについて

−楽天市場−

ビジネスバッグの決定版 > ビジネスバッグの人気ブランド > サムソナイトのスーツケース、コスモライト

サムソナイト史上、最強にして最軽量のスーツケース、コスモライト

ビジネスバッグではお馴染みの定番ブランド、サムソナイトの人気スーツケース「コスモライト」。
2010年4月10日からテレビCMでも放映されています。みなさんはもう見ましたか。すこし衝撃的なテレビCMです。アクロバットで凸凹に凹んだスーツケースがポコッと元に戻る映像が流れています。

サムソナイト史上最強・最軽量、ハイエンドなスーツケース=コスモライトCOSMOLITE

サムソナイト コスモライトCOSMOLITE ラインナップ
サムソナイトのブランドロゴ

サムソナイトのハイエンド・スーツケース「コスモライト(COSMOLITE)」
コスモライトは、とても印象的なフォルムと超軽量性、高い耐衝撃性で発売以来、爆発的な人気を誇っています。

類稀なる耐衝撃性・耐久性を実現する革新素材=CURV (カーヴ)

コスモライトは、素材にドイツのプロペックスファブリックス社(Propex Fabrics GmBH)の特許素材であるCURV (カーヴ)を用いています。
ポリプロピレンを層状に重ねる構造によって、高い耐久性と軽量性を実現しています。日常の常温環境だけでなく極度の低温環境においてもとても優れた耐衝撃性を発揮する、革新的な素材です。
さらに、サムソナイトの特許加工技術によって、高い耐久性を保ちながらも摩擦を受ける面積を最小限に抑えた独自の表面デザインを実現しています。

スポンサードリンク

耐衝撃性を証明する特殊効果一切なしのテレビCM

サムソナイト コスモライトのTVCM

2010年4月10日から、サムソナイト コスモライトのTVCMが放映されています。みなさんはもうご覧になられたでしょうか?
アクロバットで凸凹にスーツケースをへこませた後、何事もなかったかのようにへこんだ表面がポコッと元に戻る映像はインパクトがあります。是非一度、ご覧下さい。CMはサムソナイトのプレスリリースでも見ることが出来ます。

海外旅行、海外出張で活躍するスーツケースは、過酷な環境で使用ので耐久性・耐衝撃性は重要機能です。素材強度を単純にアップさせるのではなく、しなやかさを持たせることで軽量性をそぐなうことなく、高い耐久性も両立させています。

リモワのスーツケース、サルサの素材も凹んでも戻り、高い耐衝撃性で有名です。手荷物受け取りのターンテーブルですごい角度で折れ曲がって、元に戻ったRIMOWAのSALSAを見たときの衝撃は今でも覚えています。(注:スーツケースの中身は折れ曲がっても大丈夫なものを入れるようにしておかないといけませんね。)
リモワ サルサの素材はポリカーボネイトです。サムソナイト コスモライトの素材、CURV(カーヴ)の素材比較表をみるとポリカーボネイトよりも遥かに優れた衝撃耐性を示しています。リモワのサルサよりも優れている(?)素材を使ったサムソナイトのコスモライトに興味が惹かれます。。。ちなみに当サイト管理人はリモワ サルサ愛用者です・・・私のかばんレビュー RIMOWA SALSA(リモワ サルサ) MULTIWHEEL 6555

印象的なフォルム

一目見ただけでコスモライトと分かる印象的なフォルムです。決して奇抜ではないのにとても印象的です。モチーフは貝殻でしょうか?モダンでスマートな飽きのこないデザインです。

サムソナイト コスモライトは、現在(2010年5月時点)、まだネットストアでの取り扱いはないようです。サムソナイト コスモライトの販売は、サムソナイト直営店やサムソナイト取扱いの百貨店などの実店舗に限れています。早くネットでも購入できるようになれば良いのですが・・・

−スポンサードリンク−
−大人の身だしなみ おすすめメンズ香水−

大人の身だしなみ おすすめメンズ香水

大人の身だしなみとして押さえておきたい、おしゃれアイテム「香水」
ビジネスバッグとスーツをより一層オシャレに魅せるおすすめのメンズ香水を紹介。

出張・旅行にぴったりのスーツケース・キャリーバッグ

スポンサードリンク

ビジネスバッグの決定版

Copyright © 2008-2017 ビジネスバッグの決定版 All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る