ace. GENE LAVEL(エース ジーンレーベル) EVL-3.0

ビジネスバッグの選び方や人気売れ筋、定番のビジネスバッグを紹介するサイトです。

スポンサードリンク

ビジネスバッグの決定版

かばんの種類で選ぶ

目的・用途で選ぶ

かばんの特長で選ぶ

ビジネス鞄レビュー

ビジネスバッグのトピックス

ビジネスバッグのランキング

ビジネスバッグのブランド

かばんの豆知識

リンク集

当サイトについて

−おすすめ楽天コンテンツ−

ビジネスバッグの決定版 > ビジネスバッグの人気ブランド > エース GENEレーベル EVL-3.0

エース ジーンレーベル EVL-3.0

EVLシリーズがフルモデルチェンジ

エース ジーンレーベル EVL-3.0

2017年2月に日本を代表するビジネスバッグ人気ブランド「ace.(エース)」のGENE LABEL(ジーンレーベル)の旗艦シリーズ「EVL(イーブイエル)シリーズ」がEVL-3.0へとフルモデルチェンジ。
前モデル「EVL-2.5s」が2016年2月に発表されているので、1年ぶりのモデルチェンジです。型式番号が2.5から3.0に変更されているのでフルモデルチェンジとみていいと思います。
ちなみに「ace.(エース)」は日本のビジネスバッグ界を牽引するビジネスバッグメーカー、エース株式会社の主力ブランドです。

変更点が分かりにくいから問い合わせてみました

EVL-3.0 ALL IN ビジネスバッグに必要な6つの要素が、時代に合わせて最適な形に進化した旗艦シリーズ。

EVLシリーズはここ数年は2年周期でモデルチェンジを実施してきたので、今回のモデルチェンジは1年前倒しのモデルチェンジになります。
モデルチェンジ周期を変更してきたモデルチェンなので、どんな変更を加えてきたのか気になるところです。
今回のモデルチェンジのコンセプトは「ビジネスバッグに必要な6つの要素が時代に合わせて最適な形に進化」となっています。
その6つの要素とは
@グリップ Aハンズフリー Bモバイル Cプロテクト Dコンパートメント Eライトウェイト の6つ。

それぞれの要素に対応する特長、キーデバイスは下記の通り。
@→アシンメトリーハンドル
A→3Dショルダーパッド
B→オーガナイザーポケット、PC&タブレット端末収納
C→緩衝吸収材αGEL®
D→エキスパンダブル
E→軽量性
どれも前モデル「EVL-2.5s」に搭載されていた特長なので、変更点が分かりにくい。
そこで前モデル「EVL-2.5s」からの変更点を直接メーカーへ問い合わせてみました。答えは次の通り。

・ハンドルがより手にフィットしやすい形状になっています。(リュック、3ウェイタイプは除く)
・ショルダーベルトのパット裏部の素材をスーツ等衣類へのダメージを抑えた素材に変更しています。
・パソコン収納部を底部からの垂直落下だけではなく、底コーナー部側からの落下にも対応できる衝撃吸収材を収納部底部コーナー部に内蔵。
・前ポケットの機能性アップ 3方開きにし、出し入れし易くしました。
出し入れの多いタブレットの収納用のポケットを本体側から前ポケット内にし、液晶画面のキズ防止用に1面に起毛素材を張りました。スマートホン用のポケットにも同様の仕様にしました。
ただ、パソコン収納部、前ポケットの機能性アップにより、その分重量増となりました。
底鋲は重量増分少しでも減らすこともあり、必要限度の4ケにさせて頂きました。

結論から言うと、EVL-3.0は前モデルEVL-2.5sの改善版と見ていいと思います。
今回リリースされた新モデル「EVL-3.0」は、大きな変更することなく、EVL-2.5sの設計思想を踏襲しつつ、改善を加えた仕様になっています。
悪くいえば、ぱっと見は前モデルEVL-2.5sと変わらない
良くいえば、大きな変更を加えていないのでリスクが低く、使う人だけにわかる地味な改善変更点ですが、いい意味で無難

ジーンレーベル EVL-3.0 アシンメトリー(非対称)ハンドル
(画像クリックで拡大します)

アシンメトリー(非対称)ハンドルをさらに改善。
ハンドルが重なった時のグリップと掌の隙間をなくすことで、
握ったときの高いフィット感を発揮し、疲れを低減します。

ジーンレーベル EVL-3.0 3Dショルダーパッド
(画像クリックで拡大します)

パット裏地をスーツなどの衣類へのダメージを抑えた素材に
変更して、3Dショルダーパッドがさらに進化
帝人㈱が開発した、柔らかく滑りにくい
超極細ポリエステルファイバー「ナノフロント®」を採用。

ジーンレーベル EVL-3.0 3Dショルダーパッド
(画像クリックで拡大します)

ジーンレーベル EVL-3.0 PC収納ポケット
(画像クリックで拡大します)

PC収納ポケット耐衝撃性をさらに向上
収納スペースのコーナーから底部にかけて緩衝吸収材「αGEL®」
配置することで垂直落下だけでなく角落下時にも高い緩衝効果を発揮。

ジーンレーベル EVL-3.0 タブレット端末ポケット
(画像クリックで拡大します)

PC収納部とは別にタブレット端末専用の収納ポケットを新たに設けて
フロントポケットをさらに充実。タブレット端末の液晶画面のキズ付きを
防ぐため、画面が接する面に起毛素材を採用。

エース取扱オンラインショップ

スポンサードリンク

気になるモデルを新旧比較

ace. GENEレーベル EVL-3.0
ace. GENEレーベル EVL-3.0 59525
GENEレーベル EVL-3.0 59525

気になるモデルを旧「EVL-2.5s」と新「EVL-3.0」で、新旧比較してみました。
比較したモデルは「EVL-3.0 59525」です。
1泊から2泊ぐらいの宿泊出張なら十分使えるB4対応サイズの大容量2WAYブリーフケースです。
一見して最初に気づく違いは、フロントポケットでしょう。旧モデルが2方開きだったのに対して新モデルは3方開きで明らかに使い勝手は向上しています。
またフロントファスナーポケットの形状が変更になって見た目の印象が変わっています。デザインの好き嫌いは好みで分かれるところですが、管理人的にはノッペリとした旧モデルよりは凹凸のある立体的な印象の新モデルのほうが好みです。
寸法サイズ、価格、保証期間は変更なし。
数値的な比較で一番変わっているのは質量です。1,460gから1,690gへと230gも質量アップしています。
正直なところ質量アップは機動力を重視するビジネスバッグとしてはプラス要素ではないのですが、メーカー回答の「パソコン収納部、前ポケットの機能性アップのための質量アップ」というのと、コストも重視するメーカー側としても質量アップはうれしくないはずという推定をあわせると単純にマイナス要素とは言い切れないと思います。
1,690gという数値だけでは重すぎるとは言い難く(もっと軽いビジネスバッグもあるけど、革鞄はもっと重い!)、実際に手にしてみて判断するというのが一番いいと思います。

エースジーン EVL-2.5(45813)とEVL-2.5s(54582)の比較
(画像クリックで拡大します)

型式 【旧モデル】
EVL-2.5s 54582
【新モデル】
EVL-3.0 59525
素材 ナイロンコーデュラバリスティック®
1260dnオックス
サイズ 幅45cm×高さ33cm×マチ幅15(→20)cm
重さ 1,460g 1,690g
ノートPC
対応サイズ
15インチ
定価(税抜) 33,000円
商品保証 5年製造保証
特長 2気室、B4対応サイズ
タブレット端末収納ポケット(10インチ)
エキスパンダブル機能、 セットアップ機能
衝撃吸収材(αGEL®)、アシストハンドル付き
アシンメトリーハンドル、3Dショルダーパッド
500mlペットボトル収納ポケット

エース取扱オンラインショップ

−スポンサードリンク−
−注目アイテム・おすすめ商品−

スポンサードリンク

ビジネスバッグの決定版

Copyright © 2008-2016 ビジネスバッグの決定版 All Rights Reserved.
ページの先頭に戻る