かばんの素材 ナイロン−ビジネスバッグの豆知識

ビジネスバッグ選びやビジネスバッグの手入れなど鞄に関わる役立つマメ知識を紹介。

スポンサードリンク

ビジネスバッグの決定版

かばんの種類で選ぶ

目的・用途で選ぶ

かばんの特長で選ぶ

ビジネス鞄レビュー

ビジネスバッグのトピックス

ビジネスバッグのランキング

ビジネスバッグのブランド

かばんの豆知識

リンク集

当サイトについて

−楽天市場−

ビジネスバッグの決定版 > ビジネスバッグの豆知識 > かばんの素材 ナイロン

かばんの素材 ナイロン

かつてビジネスバッグの素材といえば「革」、牛革などが当たり前でしたが、現在ではナイロンがビジネスバッグ素材の主役となっています。その理由は、ナイロンの機能性、耐久性は改良され、質感や視覚的にも改善が進んだのと同時に社会的な背景として、「クールビズ」などの価値観の多様化がお堅いイメージの代表格である政界ですら進み、ビジネス界においても価値観の多様化、カジュアル化が生まれてきていることがあります。また、メイン素材のナイロンに皮革素材を組合わせてカジュアル一辺倒にならないようにデザイン、品位・品質を向上させたビジネスバッグもたくさん登場しています。
このページでは、ビジネスバッグ素材のトレンドであるナイロン素材について紹介します。

ナイロン素材について

 ナイロン(Nylon)は世界初の合成繊維。
 1935年、米デュポン社が初めて合成に成功した。最も一般的な生地。開発から70年以上が経った現在も、強度・耐久性・質感などさまざまな面で改良・改善された多種多様なナイロンが開発されている。

 ■ナイロン素材のメリット
  ・強度が高く、摩擦に強く、かつ軽量
  ・汚れが落ちやすい
 ■ナイロン素材のデメリット
  ・革素材との大きな違いでもあるが、使い込みにより素材の味わいが出難い。
  ・太陽光により変色(黄変)することがある。
  ・ハリ、コシがない。

デメリットについては、日々改良され、殆ど問題とならないナイロン素材も存在する。

スポンサードリンク

各種ナイロン素材の特徴

一口にナイロンといっても、多種多様でナイロンの種類によって、様々な特徴を持つ。

各種ナイロン素材の特徴
ナイロンの名称・種類 ナイロンの特徴
ナイロン6 日本で最も多く使用されている一般的な生地。
ナイロン66 米デュポン社が発明した合成繊維。 キャッチフレーズは「石炭と水と空気から作られ、鋼鉄よりも強く、クモの糸より細い」ナイロン6に比べ、耐熱性に優れる。
バリスティックナイロン 防弾チョッキの素材に使用される。強度や耐久性が非常に優れている。ブランドTUMIのバッグには、バリスティックナイロンをさらに改良した「FXTバリスティックナイロン」を使用したものもある。
コーデュラナイロン 米デュポン社の商品。ナイロンを改良し、2〜3倍の耐磨耗性と引裂強度を加えたもの。吉田カバン、UNIQLOのナイロンバッグに使用されているものがある。

ナイロン素材のビジネスバッグブランド

 前述のように今やナイロンはビジネスバッグ素材のトレンド、主役となっているので、ナイロン素材のビジネスバッグは、ほとんど全てのバッグブランドでラインナップされています。その中でも代表的なブランドをいくつか紹介しておきます。

トゥミ取扱オンラインショップ

吉田カバン 取扱オンラインショップ

エース取扱オンラインショップ

−スポンサードリンク−

楽天市場

楽天 売れてるバッグ・ランキング市場
 レディースバッグ人気ランキング
 メンズバッグ人気ランキング
ブランド別⇒ TUMI  オロビアンコ  吉田カバン

−大人の身だしなみ おすすめメンズ香水−

大人の身だしなみ おすすめメンズ香水

大人の身だしなみとして押さえておきたい、おしゃれアイテム「香水」
ビジネスバッグとスーツをより一層オシャレに魅せるおすすめのメンズ香水を紹介。

−注目アイテム・おすすめ商品−

スポンサードリンク

ビジネスバッグの決定版

Copyright © 2008-2017 ビジネスバッグの決定版 All Rights Reserved.

ページの先頭に戻る